寝込んだ体を回復に導いた食事についてお話しします

お天気に恵まれたGWでしたが、みなさんはどのようにお過ごしでしたでしょうか〜♡
アウトドアもよし、引きこもって作業もよし。
きっと普段とは違う充実した時間をお過ごしだったことと存じます^^

私のGWは、と言いますと、当初の予定では引きこもってモロモロの作業のつもりだったのですが…

主人のヨットでのクルージングが船中泊ではなく、料理旅館だということを知り、急遽割り込みを決め(笑)。
船酔いするかも?」との恐怖を抱きつつも「活魚料理」の誘惑に負け、いそいそと乗り込みクルージングの旅へと出かけたのでした。

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

クルーザーと違い、ヨットでのクルージングは時間がかかります。

潮の流れと風の力がすべてですので、逆らうと「歩いてる方がはやいんちゃうか?」と思うようなスピードになります。
そのため、大した距離ではないのに「長旅」となります。

長旅覚悟で、日焼けも怖い…となると、最初から船室でくつろぐ(=寝る)ことになるのですが、元気いっぱいの子供と違い、なぜかいきなり酔います(笑)。

今から思えば、船倉で過ごす時間が長くなりそうな「怪しい雲行き」の漂う旅でした…。

 ■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

やはり、と申しましょうか(笑)出航直後から「船酔い」スタート。

そして、気持ちが悪いので水分も受け付けず…。

よーく考えてみると「あれ?飲まず食わず???」の状態。

これって、モロに熱中症!?船倉はそこそこ気温も高いですし…汗。

気持ち悪くても、水分だけは摂るべきでした〜(T ^ T)

子供のことは気にかけていても、意外と自分のことがおろそかに…

とにかく絶不調のまま帰宅することになり、なかなか辛いGWの船旅となったのでした〜(T ^ T)

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

帰宅後、絶不調のまま布団へ直行。

一方、元気な子供達は市民プールへ直行。

この違いは何なんだ!?(笑)。

母はひどい頭痛と吐き気と寒気で、起き上がることもできません。

とにかく水分を摂って、常備の「麹どっさりカレー」でパスタを作り、また速攻で布団に戻り、朝を迎えました。

冷蔵庫の守り神「麹どっさりカレー」!!!

本当に助けられました〜!!

いつもならこのタイミングで起き上がることが出来るのですが…この度は体を起こすことすらできず、超焦る。

朝ごはん作らなあかん!!

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

今まで、寝込むといえばインフルエンザ。

一晩寝れば大抵回復しますし、体調が戻らなくてもとりあえず起きて、一通り朝の家事を済ませてから再び寝込む、そんな感じで過ごせていましたが、今回は…お、起き上がれないっ!!!

困ったことに、食欲が全くない!!!

インフルエンザの後は、とにかくお腹が空いて目がさめる(笑)、そんな感じで意外となんでも食べられるのですが、今回ばかりは食欲全くゼロ。

船酔いが続いているのか?

熱中症なのか??

頭は痛いし、吐き気はするし、横になるしかない。

食べるものを準備してくれるのですが、起き上がれないし、食欲がないので食べられない。

こんなことは人生初です〜〜(T ^ T)

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

家族がそれぞれの用事で出払った後、これはまずい、何か食べなきゃ。丸二日くらい絶食してるので、心の声に聞いてみましたよ。「何か食べたいものない?」って。

普段でしたら、迷わずスイーツですが、一番食べたいものは、甘いものでも辛いものでもなく…酸っぱいものでした。

昔から日本には病人食として「おかゆと梅干」しっていう鉄板の組み合わせがありますが、まさに体が欲していたものは「酸っぱいもの」。

でも、どう考えても熱いおかゆは食べられそうになく…。

ちょうどいいものを発見したのでした。これなら食べられる!!!

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

それは、米を多めに入れた手作り甘麹。

市販の甘麹・甘酒はどちらかといえば飲み物ですのでサラサラしていますが、自家製ですので米はケチらず「おかゆ」状態です。

ここにたっぷりと「冷たいおかゆ」があるじゃない!!

そこで、
自家製ヨーグルト(こちらも固めですので食事向き。)、
自家製甘麹、
素焼きアーモンド、
りんご、
イチゴ、
バナナ、
きな粉をトッピングした、回復食を作ってとにかく食べてみる!!

う、ウマーーーーーーーーーイ!!!

酸味と甘みのバランスが最高で、とにかく冷たくて喉越し最高!!!再びこれなら食べられる!!!(笑)。

味のポイントは素材の味のみで甘みと酸味を作ること。

これって、古代からある組み合わせです。

人類の長〜い歴史の中で、化学調味料や食品添加物が摂取されるようになったのはこの数十年のこと。
添加物なんてなくても全然オッケー。
美味しくいただけます。
むしろ摂取した時の体に与えるダメージの方が心配です。

体がしんどい時は味覚もナチュラルになる。

 

そんなことを身をもって体験したGWでした。

■-□-■-□-■-□-■-□-■

なんとか昼すぎに食べ物を口にすることができ、主人が外出先から大量の食材(←食料でなく、食材ですよ。嬉し涙が再びちょちょぎれれる。)を購入してきて、これは自分の体のためにも、なにか食べられそうなものを作らなくては!!

そう思い、作ったものは豚の冷しゃぶ、ぶりのカルパッチョ、キャベツのレモンサラダ、味噌汁。

絶食後の体は、添加物の入っていない、調味料 は塩と油と酢だけのシンプルな食事。

それを欲していたのでした。

■-□-■-□-■-□-■-□-■

夜遅い夕食となりましたが、昨晩はそれなりに食べることができ、今朝はいつも通りの朝を迎えることができました。

主人は「筋緊張性頭痛」との見立てで、コリをほぐす入浴剤を買ってきてくれましたよ〜。

「運動不足が原因」とも言われましたので、だれか運動に誘ってくださいな〜(笑)。

そんなこんなで相当に辛い体調でしたが、食事を摂ることで回復を実感した次第です。

特に味付けはシンプル、添加物なし。

体が欲するものを食べることが一番体の回復につながることを実感した、絶不調時の食事で感じたことでした。

■-□-■-□-■-□-■-□-■

超絶しんどい時にお助けメニューとなった

「麹どっさりカレー」と「緊急時にも役立つ食べる点滴・とろ〜りふわふわ甘麹」。

今週の火曜日5/9にレッスンいたします。

我が家では冷蔵庫の守り神(笑)。

習ってくださった方から「いつも常備しています」と絶賛のお手軽簡単メニューです。この機会にぜひ習いに来てくださいね!!

スタート!麹生活

満席の企画はリクエストいただければ開催可能ですので、ぜひメッセージくださいね!

ではでは〜!
明日から月曜日スタート!!!
お弁当作り等々、毎日の家事、頑張りましょうね!!!


一覧へ戻る